SSL証明書とは

SSLサーバ証明書の役割は大きく2つあります。1つ目は通信の暗号化です。暗号化によってデータを保護し、セキュリティを高めながら安全に送受信するための方法として個人情報(パスワードやクレジットカード番号等)を入力するフォームがあるサイトに導入されています。
SSLサーバ証明書が導入されているサイトにhttpsから始まるURLでアクセスする事で通信の暗号化及び、WEBサイトの運営者を確認する事ができます。

SSLサーバ証明書の2つ目の役割は、運営者の実在性認証です。ネットショップの運営者が実在している企業、団体であることをサイトシールを用いてWEBサイトに掲載できるので、お客様に安心感を与えることができます。

 

非SSL通信の場合

 

 

 

SSL証明書ページの特徴

URLがhttp://~ではな<https://~>と表示されます。

緑のアドレスバー EV SSL

SSLのサイトを開くと錠前のマークが表示されます(Internet Explorerでは、ウィンドウの右下もしくはURL表示欄の右に表示されます)。錠前のマークをダブルクリックすると、SSLサーバ証明書の内容を確認できます。

緑のアドレスバー EV SSL